BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

内科が対応出来る範囲はどこまで?体調が悪い時は内科に行っていい?

2020/08/11
なんとなく内科に行けば体に不調を感じる時は原因を突き止めてくれてどうにかしてくれるイメージがありますよね。
しかし、体調不良の内容によっては、本当に内科で対応してもらえるのか不安に感じる事もあります。

今回は、内科が対応出来る範囲がどこまでなのかについてお伝えします。
体調が悪い時は内科に行っていいのか、いまいち確信が持てない方は読み進めてみて下さい。

▼内科が対応出来る範囲はどこまで?

具体的な例は後述しますが、体の内部の不調なら内科で大丈夫です。
外傷は外科、体調不良は内科と覚えておくといいでしょう。

▼こういう時は内科に行っていい?

具体的にどういう症状の時に内科に行けばいいかまとめました。

■頭痛
頭痛の原因は様々です。医師に診てもらって原因を探りましょう。

■発熱
風邪やインフルエンザの疑いがあります。内科で検査をして下さい。

■嘔吐
嘔吐する理由が見当たらない時は内科で診察してもらいましょう。

■咳
咳が止まらない原因は風邪以外にも考えられます。早期発見が大事なので内科で診てもらいましょう。

▼まとめ

今回は、内科が対応出来る範囲がどこまでなのかについてお伝えしました。
内科の医師は体調不良の原因を探る専門家です。

自分で考えるよりも、異変を感じたら医師に見てもらう方が早いです。
早期発見で原因が見つかれば、重大な病気も完治する事がありますしね。

すみだゼネラルクリニックでは、体調不調の原因を丁寧に診察します。ご来院お待ちしております。