BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

内科の血液検査って何?血液検査でどのような事が分かるの?

2020/08/26
病院で注射をされるのって痛くて嫌ですよね。
しかし、内科の血液検査は健康を保つ上でかなり重要な役割があります。

今回は、内科の血液検査についてお伝えします。
血液検査でどのような事が分かるかお伝えします。

▼内科の血液検査って何?

内科で行われる血液検査は、血液の中の成分を検査して体内に異常がないかを調べます。
体内に異常があると、血液の中の特定の成分の数値が乱れてきます。

それを利用して、どのような病気の可能性があるか、深刻度はどれくらいなのかを調べます。
アレルギーかどうかを調べたり、血液の中の状態を詳しく診てもらえます。

▼血液検査って何を調べてるの?

血液検査で何を調べているのかまとめました。

■輸血検査

輸血が出来る人物なのかを調べる際に血液検査を行います。
血液型が分かります。

■血液学的検査

白血球の数や赤血球の血色素等を調べます。

■免疫検査

免疫検査を行うと、アレルギーがあるかどうかを調べられます。
感染症検査の検査も出来ます。

■生化学検査

血液の中の酵素やコレステロール等を調べる事によって臓器の機能が正常かどうかを調べます。

▼まとめ

今回は、内科の血液検査についてお伝えしました。
血液検査は、現在体内でどのような事が起きているのかを早期に知るきっかけとなる大切な検査となります。
すみだゼネラルクリニックも血液検査を行っておりますので、気になる方はご相談下さい。