BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

内科の健康診断の内容とは?企業検診と個人検診って違うの?

2020/08/28
内科に通っていると、健康診断を勧められる事があります。
企業に勤めていても定期的に健康診断をするように言われますよね。
個人で行く健康診断と企業に勤めていて行かされる健康診断とは、内容が違うのでしょうか。
今回は、内科の健康診断の内容についてお伝えします。
企業検診と個人検診でどのように内容が違うのかについてもお伝えします。

▼内科の健康診断で何が分かる?

内科の健康診断では、問診や聴診等の通常の診察の他に、尿検査をしたり身体測定をしたり、胸部X線や心電図を使って異常がないかを診てもらえます。

▼企業検診と個人検診の違い

企業検診と個人検診で何が違うのかを下記にまとめました。

■個人検診

上記で記載したような内容が基本となりますが、オプションで少し多めに診察料を支払う事で、より精密採血を行う等、健康診断を行ってもらえます。

病気は早期発見が大切ですし、健康診断は早期発見をする為にやっているような物なので精密に行う価値はあります。

■企業検診

個人の最低限の健康診断と大きな違いはありません。
基本的な健康診断内容だけになります。

▼まとめ

今回は、内科の健康診断で何が分かるかについてお伝えしました。
企業の健康診断は必要最低限の物、個人の健康診断は希望に応じてオプションで更に精密な検査が受けられます。
健康診断について何か分からない事があればすみだゼネラルクリニックにご相談下さい。