BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

生活習慣病とは?具体的にどういう病気が生活習慣病なの?

2020/09/13
テレビ等で生活習慣病という言葉を聞く機会はありますが、具体的にどういう病気が生活習慣病なのか分かりにくいですよね。
今回は、生活習慣病についてお伝えします。
合わせて、具体的にどのような病気が生活習慣病なのかについてもお伝えしますので是非最後まで御覧下さい。

▼生活習慣病とは

昔は、生活習慣病の一部が成人病として取り扱われていました。
しかし、現在では成人になったら発病のリスクが上がるのではなく、生活習慣が大きく関係しているという事が分かり、生活習慣病と呼ばれるようになりました。
食生活や運動不足等で発病のリスクが上がっていきます。
どのような病気が生活習慣病なのかについては次の章で解説します。

▼どういう病気が生活習慣病?

どのような病気が生活習慣病と呼ばれているのでしょうか。
下記にまとめました。

■食生活が原因でかかる生活習慣病

糖分が高い物を食べすぎると糖尿病になり、カロリーが高い物を食べすぎると肥満になります。
その他、高脂血症や大腸がん等のリスクも上がります。

■運動不足が原因でかかる生活習慣病

高脂血症や高血圧は運動不足でかかってしまいます。
食生活が原因の所の項目も多く被っています。

■その他

飲酒や喫煙により肺気腫やアルコール性肝疾患等になる可能性が上がります。

▼まとめ

今回は、生活習慣病についてお伝えしました。
生活習慣病は誰もがかかる可能性を持っている病気です。
普段からの食生活や運動をしっかり心がけて予防しましょう。
すみだゼネラルクリニックでは、生活習慣病の診察もします。分からない事があればご相談下さい。