BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

アレルギー症状にはどのような種類があるの?アレルギー疾患を解説

2020/10/15
アレルギーという言葉は聞いた事があっても、アレルギー症状がどのような種類に分類されているかという事までは分からない方もいらっしゃいますよね。
今回は、アレルギー症状にはどのようなものがあるかについてお伝えします。
どのようなアレルギー疾患の種類があるかについてもお伝えします。

▼アレルギー症状にはどのようなものがあるか

アレルギー症状は、Ⅰ型からⅣ型まで分類されていて、反応も即時ある物から遅延がある物まであります。
Ⅰ型にはアレルギー性鼻炎や食物アレルギーがあり、Ⅱ型には自己免疫性容血性貧血等が含まれています。
Ⅲ型には血清病や過敏性肺炎があり、Ⅳ型には接触皮膚炎等が含まれています。

▼アレルギー疾患の種類

アレルギー疾患にはどのような種類があるのでしょうか。下記にまとめました。

■アナフィラキシー

原因はアレルゲンや薬物を投与する事です。重症になる可能性があります。

■気管支ぜん息

運動やストレスでも発作に繋がってしまいます。抗炎症治療が必要となります。

■アトピー性皮膚炎  

子供がかかる事が多く、副作用はあるもののステロイドを使われる事が多いです。

▼まとめ

今回は、アレルギー症状にはどのようなものがあるかについてお伝えしました。
どのようなアレルギー症状があるのかという事を事前に知っておけば、いざ自分がアレルギーになってしまった時にもすぐにアレルギーを疑えます。
アレルギーの可能性があると感じたらすぐにすみだゼネラルクリニックに相談して下さい。