BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

腸をきれいにする方法とは?

2021/02/15
「体の免疫は腸の健康によって作られる」という話、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
腸内環境を整える健康法は、随分前から注目されていますよね。

今回は腸をきれいにする方法を解説していきます。

▼腸は色々な機能を担う機関

腸というと、多くの人は消化や栄養の吸収、排せつといった機能が思い浮かぶことでしょう。

腸は、他にも多くの役割を担っています。
中でも重要なのが「免疫」と「解毒」です。

解毒は肝臓でも行われますが、腸内細菌にも解毒作用のあるものが多く、腸をきれいにすると体のマイナス要素を取り除く作用が高まると言われています。

また、ドーパミンやセロトニンといった健康に重要なかかわりがある物質も、腸内細菌が作り出すと言われています。

■腸をきれいにするには発酵食品を食べよう

腸内環境を整えるには、発酵食品を食べることが最も有効です。

納豆、味噌、ぬか漬けなど和食の発酵食品をはじめ、ヨーグルトやキムチなど海外の発酵食品でもOKです。

量としては、そこまで大量に食べる必要はありません。
1食ごとに何かしらの発酵食品を取り入れるように意識していけば、十分に健康効果をもたらすことができます。

ただし、単に発酵食品を食べるだけでは腸内環境は十分に整いません。

善玉菌が増えて腸をきれいにする働きを強めるためには、適度な運動や睡眠も重要です。
1日15分程度のウォーキングなどで構いませんので、毎日少しでも体を動かしていきましょう。

▼まとめ

腸をきれいにすると、体全体が健康的になる他、無理のないダイエットができる、肌がきれいになるなど良いことがたくさんあります。
あまり無理をせず、少しずつ意識していってくださいね。